無添加書道 / 書道家 遠藤夕幻 ~ mutenkashodo ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

貴重なお時間の中、最後までご覧いただきまして ありがとうございました。

↑ より多くの人たちへ この記事が届くように クリックにて応援お願い致します。

RSS配信 ← こちらからご覧いただけます。

≪‘あなた’が書道教室に来る理由≫ 中編

◎中編『字が上手いって、どういうことだろう?』

前編では、普段何気なく使っている言葉の意味や定義を
改めて考え直してみませんか?という提案をしました。

中編では、もっと具体的に考えてみたいと思います。

さて、それでは早速。。。


具体的に‘字が上手い’って、どういうことだろう?


お手本みたいな字が書けること?
教科書みたいな字が書けること?
楷書がしっかり書けること?
様々な書体が使い分けて書けること?
冠婚葬祭の時にサラサラと自分の名前が書けること?
好きな言葉を自分の思い通りに書けること?
年賀状や手紙を筆で書けること?


上記に挙げた例は
どれでも正解であり、
決して‘間違っている’ということは
‘在りません’。


どれも書道を始めてみたい、という理由としては至極当然であります。

ただし、
皆様が見落としがちなことがあります。
それは・・・


『では、あなたは書道を通じて、なにがしたいのですか?』
という質問に対する ‘あなた’なりの‘こたえ’。


その‘こたえ’こそが、
実はとても重要だということに
お気づきでしょうか。


そして、もっと言ってしまえば、その‘こたえ’が
そのまま『字が‘上手い’って、どういうことだろう?』の‘こたえ’にも
繋がっているはずなんです。


今からとても大切なことをお伝えします。
『あなた自身が何を求めているのか』
その“内なる声”を聞いてあげる時が来たのです。


もしあなたが
「冠婚葬祭の時に自分の名前をスラスラ書けるようになりたい」と
思っているのであれば、
それが達成されたと感じた瞬間に
「上手い字が書けた」
と想って良いのです。


もしあなたが
「好きな言葉を自分の思い描くように、好きな書体で書けるようになりたい」と
思っているのであれば、
それができたと想えた瞬間に
「上手く字が書けた」と
胸を張って言っても良いのです。


もしあなたが
「年賀状の宛名書きを筆で書き上げたい」と
思っているのであれば、
すべての年賀状の宛名を筆で書き終えた瞬間に
「あぁ今年は上手く字が書けたぞ」と
達成感を味わえば良いのです。


ここまで書けば、もうお分かりでしょうか。


何を以て‘上手い字’なのか
どのような字が‘上手い’のか
それを決めるのは
他でもない

‘あなた’自身です。

ただただ闇雲に、
「字が上手くなりたい」と思っていても
それだけでは
なにかが
もの足りないことは、
前編と中編を通じて
ここまで読んでくださった方々には
多少なりにもご理解いただけたことかと思います。


その、もの足りない‘なにか’に
一人一人が気が付くための
‘きっかけ’をつくって差し上げることが

夕幻書道教室の本懐

と、お考えいただければ幸いです。


当教室は、初心者の方、経験者の方、師範の資格をお持ちの方、様々な方々が学んでくださっています。
年齢は、4歳~75歳まで。老若男女、分け隔てなくご指導させていただいております。
ご興味ございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせメールフォーム

夕幻書道教室:各教室の詳細ページへ


後編『書道を通じてできること、とは?』につづく。

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

貴重なお時間の中、最後までご覧いただきまして ありがとうございました。

↑ より多くの人たちへ この記事が届くように クリックにて応援お願い致します。

RSS配信 ← こちらからご覧いただけます。

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント



洞爺湖夕幻 トボトボ歩く図

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。