無添加書道 / 書道家 遠藤夕幻 ~ mutenkashodo ~
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

貴重なお時間の中、最後までご覧いただきまして ありがとうございました。

↑ より多くの人たちへ この記事が届くように クリックにて応援お願い致します。

RSS配信 ← こちらからご覧いただけます。

【新規開講】夕幻書道教室 in 梅島 『くう』

<おかげさまで、梅島教室を無事に開講することができました。>
≪次回の教室は、3月20日(金)に開催予定です。≫


日時:3月20日(金) 19:00 ~ 21:00   (21:30頃には解散予定)
受講料:1回 3,000円
  (*半紙代・墨汁代・道具の貸出し代等、すべて含む)
定員:7名まで
  (*2月26日現在、3名のお申し込み有。)
場所:足立区 「梅島」駅(東部伊勢崎線・スカイツリーライン)より徒歩3分

≪ 食リビング 「くう」 ≫

夕幻書道教室 in 梅島 教室の練習風景3

<教室の練習風景>

2月20日(金)、新天地にて夕幻書道教室が開講となりました。
次なる舞台の『食リビング・くう』は、築46年の古民家を改装して作られたレストラン。

辺りが暗くなり、夜が深くなっていきます。
テーブルの上には、レストランの通常では考えにくい
書道の道具が一式並べられています。

柔らかい照明の光の下、
そこに開かれていたのは
昼間の雰囲気とは別世界の
書の道へ通じる空間でした。


夕幻書道教室 in 梅島 教室の練習風景4

今回、開講初日に訪れてくださったのは、最終的には4名。
写真撮影&見学に来てくださった方も含めると、
『くう』の空間には計6名の方々が集まってくださいました。

皆さんの空気感と云いましょうか
波長と云いましょうか。
そういった“場”に集う“氣”が
とても和やかであり、気持ちの良いものでした。

ここで私個人の感想を一つ申し上げさせてもらいます。
「滑らかに事が進んでいき、とても心地の良い教室でした」というのが、
教室が終わってみての全体的な印象です。

そういった“場の流れ”というは、私一人では決して創りあげることはできません。
その場に集まってくださった皆様のおかげです。
そういった面でも、梅島教室は素晴らしいものとなりました。


夕幻書道教室 in 梅島 教室の練習風景7

この日の参加者さんで一番の遠方は、川崎から。
その方は、教室が終わったら横浜近辺までお帰りになると言っていました。
又、出張帰りの方もいました。
その方は、伊勢&大阪を経由したのち
東京に着き次第、当教室にご参加いただきました。

なんと有り難いことでしょうか。

「物理的な距離」と「精神的な距離」というのは、
決してイコールではないのだと、この日改めて想いました。

気持ちが調っていて、「その場所に居たい」と想う気持ちさえ決めていれば、
あとの時間調整や移動手段などは
どうにでもなるのだなぁ、ということを教えていただけたように思います。

そういった「その場所に居たい」という想いに、
当教室のご用意した空間を選んでいただけて、本当に光栄です。


夕幻書道教室 in 梅島 教室の練習風景5

教室の準備をしつつ道具を並べて、場を調えてみてから想ったことがあります。
『くう』の雰囲気は、夕幻書道教室との相性がとても良いということです。

生徒さんには落ち着いた空間で、決して焦ることなく
練習していただくことが可能でした。

写真だけでは伝わりにくいかもしれませんが、
照明の光の加減やスペースの広さなども考慮して、最適だったように思います。

生徒さんからの評判も良く・・・
「もちろん落ち着いた空間ではあるのですが
どこか身の引き締まる想い、書道をやりに来たんだなという想いを
自覚できる空間ですね」
と云ったような、感想をいただくことができました。

『くう』とのご縁をいただき、教室を開講できたことにも
なんだか大事なお役目がありそうな氣がします。


夕幻書道教室 in 梅島 教室の練習風景6

そして、この日の練習の成果。
というわけで before & after のニッコリ写真を1枚パシャリ。

写真撮影にご協力いただきました、こちらの「和み」さんは
門前仲町にあります『おなかま』という「マクロビオティック専門飲食店」の店主さんです。

上記でもチラッとご紹介しましたが
伊勢&大阪の出張帰りにお越しいただいた和みさんの練習時間は、1時間程でした。

それでも、左右の字を比べて
明らかに上手くなっているのをご確認いただけますか?^^
和みさんは、義務教育以来、書道は習っておらず
いわゆる初心者の方でした。



当教室では、説明する際の順序や言葉選びに、非常に重きを置いております。
それ故、腑に落ちることが多く、“知る”ことを経て、“理解する”ことができます。

この、知った上でよく物事を理解し
“実践する”ということがとてもとても大切なんです。

ちなみに当教室にお越しいただき、
実践と体感をしていただければ、誰でも1時間程で書く字がガラッと変わります。

そして、何より、書道を好きになっていただけるかと想います。^^


  夕幻書道教室 in 梅島 教室の練習風景2

第1回目の、梅島教室のレポートはいかがでしたか?

当教室が、何よりもまず先に大切にしていることは
“楽しむ”ことをお伝えすることです。

書道を通じて、後世にお伝えしていくことがまだまだ在るように感じております。


さてそれでは、梅島教室をはじめ、夕幻書道教室にご興味ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。
いつでもご連絡をお待ちしております。
皆様にお会いできる日を楽しみにしております。^^


お問い合わせメールフォーム


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
*下記は、ご参考までに。

~ 夕幻書道教室のスタイル ~ (全教室共通事項)

○月謝制ではなく、『1回ごとのお支払い制度』
(*各教室ごとに費用が違います。ご注意ください)

○参加方法は、『自己申告制』
(*原則・月2回の参加を目安とし、月1~4回まで生徒さん自身が自由に頻度を選べます)

○自己申告した参加予定日でも、『教室の前日の午前中までなら、キャンセル可』

○入会金・年会費・お手本代・競書雑誌代は、一切いただきません。

○学習内容は、書道の基礎基本を大切にしています。基礎基本を踏まえた上でしたら、生徒さんが学びたいことを優先して練習していただけます。
(*例・住所宛名書き・写経・楷行草篆隷など各書体・臨書・作品制作・篆刻・・・などなど)

○初心者・経験者関係なく、どなたでも通っていただけます。
(*義務教育以来、筆を一度も持ったことない、という方にでも書道を楽しんでいただけるように、筆の持ち方から丁寧にご指導いたします。ご安心ください。
また、当教室に通ってくださっている生徒さんの中には、書道の師範資格をお持ちの方もいらっしゃいます。より高い技術を学びたい方、もし宜しければ、一度ご相談ください)


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

貴重なお時間の中、最後までご覧いただきまして ありがとうございました。

↑ より多くの人たちへ この記事が届くように クリックにて応援お願い致します。

RSS配信 ← こちらからご覧いただけます。

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント



洞爺湖夕幻 トボトボ歩く図

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。