無添加書道 / 書道家 遠藤夕幻 ~ mutenkashodo ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

貴重なお時間の中、最後までご覧いただきまして ありがとうございました。

↑ より多くの人たちへ この記事が届くように クリックにて応援お願い致します。

RSS配信 ← こちらからご覧いただけます。

【はじめまして】 ご挨拶と自己紹介

   【かみあうじかん】 遠藤夕幻 写真撮影:林建次 1

はじめまして
遠藤 夕幻(エンドウ ユウゲン)と申します。

ぼくは、書道がものすごく大好きな人間です。
書道によって生かされています。

仕事は、書道教室で
生き方は、無添加書道です。


【かみあうじかん】 遠藤夕幻 写真撮影:林建次 3

この“無添加書道”という言葉は、
在る時ある瞬間に、ふっと上から降りてきたものです。

それからというもの
「これはどういう意味なんだろうか?」と、
自分自身に問いかけ続けています。

いまでもハッキリとした答えは
見つかっていませんが、
現在は

「何が“無添加”なんですか?」
と質問されたときには、

「“氣持ち”です」
と、お応えするようにしています。


   かみあうじかん 遠藤夕幻 5

この無添加書道という想いが
自身の生き方へと通じていくことに
辿り着いたことがきっかけで、
氣が付いたことがあります。

これまでのぼくは・・・

なにか“足りないもの”があって
それは
どこか遠く他の場所にあって
探してくるものだと
ずっと
そう思っていました。

だけど
そうではありませんでした。

その足りないと思っていた
“なにか”は
はじめから
自分の中に在りました。

ぼくは
はじめから
“持っていました”。

そして
その持っていたということを
“忘れていた”だけでした。

“想い出す”だけでいいことに
氣が付いたんです。


かみあうじかん 遠藤夕幻 2

ぼくにとって
書作品を創って生みだすことは、
“祈り”であり
“感謝”であり
“御神事”であります。

文字は、自分ではない他者に対して
“想い”を伝えるために生まれました。

だからこそ、ぼくは
“想いをのせた文字”を書きたいと思っています。

道具にも、当然ながら想いがのっています。
職人さんの想いであったり、それを手に取った者の気持ちや魂が
道具には宿ると思うのです。

だから、ぼくは無添加書道を通じて
“言魂”(コトダマ)と
“形魂”(カタダマ)を伝えていこうと
そう心に決めています。

それがぼくの御役目と思って
日々、筆を持つ次第です。


一生涯をかけて
無添加書道と向き合う・・・。
どうやらぼくは、
そんな人間のようです。


(最終更新 2015/4/11)
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

貴重なお時間の中、最後までご覧いただきまして ありがとうございました。

↑ より多くの人たちへ この記事が届くように クリックにて応援お願い致します。

RSS配信 ← こちらからご覧いただけます。

この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント



洞爺湖夕幻 トボトボ歩く図

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。