無添加書道 / 書道家 遠藤夕幻 ~ mutenkashodo ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

貴重なお時間の中、最後までご覧いただきまして ありがとうございました。

↑ より多くの人たちへ この記事が届くように クリックにて応援お願い致します。

RSS配信 ← こちらからご覧いただけます。

【作品】あなたの好きな言葉 書きます。 2

『井の頭アートマーケッツ』とは・・・

・井の頭公園内で、土日祝日に行われる『手作り市』。フリーマーケットとは違い、出店者のオリジナル作品のみを販売。登録制。申請し許可を得た「アートキャスト」が出店できる仕組み。

アートマーケッツ出店写真

私、遠藤夕幻は2010年より「アートキャスト」として井の頭アートマーケッツへ出店しております。
オリジナルの書作品ポストカードを販売している傍ら、即興書作品の販売をしています。

「あなたの好きな言葉 書きます。」という即興書作品の販売は、来園者の「好きな言葉」を聞き、その場で「言葉」を色紙等に書き、作品として仕上げて販売するものです。
(*打ち合わせなしの即興作品のため、通常の作品の依頼とは価格が違います)

ポイントは、あくまで 『好きな言葉』 というところです。
「あなたの瞳を見て・・・」だとか「インスピレーションで・・・」では、決して書きません。
私は、路上詩人などではなく、あくまで書道家です。そこは揺らがず、決してブレません。
ですので、書風や書体や作品の仕上がり具合で勝負するのみです。

それでは、これまで井の頭公園で書いてきた、即興作品の一部を紹介していきたいと思います。(*ほとんどの作品が一発書きの即興作品となっております)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

即興書作品「団栗ころころ」・遠藤夕幻書
・こちらのわんちゃんの名前が「どんぐり」君。飼い主さんからのご依頼でした。


即興書作品「情熱」・遠藤夕幻書
・熱い感じの人だったことは覚えております。


即興書作品「合格祈願」・遠藤夕幻書
・「ゆる~い感じで」そう言われ、その通り書きましたが・・・合格できたのでしょうか。


   即興書作品「努力できることが天才である。」・遠藤夕幻書
・その通りだと思いました。


即興書作品「お大事に」・遠藤夕幻書
・病院の受付の方からの依頼でした。


即興書作品「にゃー」・遠藤夕幻書
・「にゃーって書いてくれるかなぁ・・・。」という、つぶやきを聞き逃しませんでした。


即興書作品「めぐり逢い」・遠藤夕幻書
・ちょうどこの日は、ご夫婦の結婚記念日。素敵なお二人でした。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

こういった作品を書いてお渡しする方たちのほどんどは、ほんの一瞬目が合ったり、偶然目の前を通りかかって出会った方たちばかりだ。そして、5分~10分後には作品を受け取り、笑顔で私のもとを去っていく。

こんなに有り難く嬉しいことはない。そして、中には公園で出会ったのがきっかけで「本の題字」の仕事に発展することがあったり、「教室の生徒さん」になる方もいらっしゃる。

・・・果たして、本当にそれは‘偶然’だったのだろうか、と私は時々考える。

私の知らない、想像も知識も及ばない遥か彼方のドコかしらかで、実は「こうなる」ように仕組まれていて、偶然に思える出会いでも‘必然’なのではないかと、そう思えてならないことが多々あるのだ。

これからも、いかにも偶然かのように装う必然の出会いを楽しみにしたいものである。


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

貴重なお時間の中、最後までご覧いただきまして ありがとうございました。

↑ より多くの人たちへ この記事が届くように クリックにて応援お願い致します。

RSS配信 ← こちらからご覧いただけます。

この記事へのコメント

No title
偶然の出会いってホント面白いですね。
書が人をつないでるっていいな~と思います
^_^
コメントありがとうございます。
> 盛喜さん
そうですね。出会いは一瞬で、それは偶然のようだけれど、実は必然だったりして・・・。
面白いものですね。そして、とても有り難いものですね。^^
これからも、書を通じての‘繋がり’を実感したいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント



洞爺湖夕幻 トボトボ歩く図

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。