無添加書道 / 書道家 遠藤夕幻 ~ mutenkashodo ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

貴重なお時間の中、最後までご覧いただきまして ありがとうございました。

↑ より多くの人たちへ この記事が届くように クリックにて応援お願い致します。

RSS配信 ← こちらからご覧いただけます。

【作品】あなたの好きな言葉 書きます。 in GW

『井の頭アートマーケッツ』とは・・・

・井の頭公園内で、土日祝日に行われる『手作り市』。フリーマーケットとは違い、出店者のオリジナル作品のみを販売。登録制。申請し許可を得た「アートキャスト」が出店できる仕組み。

アートマーケッツ出店写真2

私、遠藤夕幻は2010年より「アートキャスト」として井の頭アートマーケッツへ出店しております。
オリジナルの書作品ポストカードを販売している傍ら、即興書作品の販売をしています。

「あなたの好きな言葉 書きます。」という即興書作品の販売は、来園者の「好きな言葉」を聞き、その場で「言葉」を色紙等に書き、作品として仕上げて販売するものです。
(*打ち合わせなしの即興作品のため、通常の作品の依頼とは価格が違います)

ポイントは、あくまで 『好きな言葉』 というところです。
「あなたの瞳を見て・・・」だとか「インスピレーションで・・・」では、決して書きません。
私は、路上詩人などではなく、あくまで書道家です。そこは揺らがず、決してブレません。
ですので、書風や書体や作品の仕上がり具合で勝負するのみです。

それでは、これまで井の頭公園で書いてきた、即興作品の一部を紹介していきたいと思います。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2013年の初出店日は、GWも後半の5月3日(金)からでした。
最終的に、3日・4日・6日の三日間しかお店を出せませんでしたが、とても良い出会いが数多くあり、有意義で実りある数日となったのは、間違いないです。

半年ぶりの出店でしたが、少し作風も変わったかもしれません。
それでは、GW中に書き上げた即興作品の一部を紹介させていただきます。


  即興書作品「たくさんたくさんありがとう」・遠藤夕幻書
・母の日に贈る言葉だそうです。そのように使ってもらえて、嬉しいです。


即興書作品「一笑入魂」・遠藤夕幻書
・知り合いの方からのご依頼でした。小学校のクラス目標だそうです。


  即興書作品「よく考えすぐ実行し・・・」・遠藤夕幻書
・私も、この言葉のようにできたら・・・と思います。


  即興書作品「落地生根」・遠藤夕幻書
・とても良いお話と出会いをありがとうございました。「どんな環境に置かれても、そこでいかにしてやるか、結局のところ自分次第だ」そう、解釈致しました。


即興書作品「物腰は柔らかく・・・」・遠藤夕幻書
・ご家族そろって、皆様に私の作品を見ていただけて光栄でした。


   即興書作品「ときめきの会」・遠藤夕幻書
・俳句の会のお名前だそうです。「吟行」という言葉、とても印象に残っております。


   即興書作品「急ぐな・・・」・遠藤夕幻書
・自分への戒めだと言っていました。文字数の多いものは、書いていて面白いです。


   即興書作品・名前「優月(ゆづき)」・遠藤夕幻書
・「ゆづき」ちゃん。私の書いた作品を持って離しませんでした。気に入ってくれみたい。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

時々、断っても断っても、どうしても私に自分宛ての詩を書いてほしい、という人がいる。
そのような方には、なんとか振り絞って詩を書く。
書くことは書くのだが、本当にそれでいいの?と思ってしまう。やはり、正直なところそれを良しとしたくはないのだ。それは、遠藤夕幻のこだわりというか、意地みたいなものでもある。

「あなたの好きな言葉 書きます」としているのは、それなりのワケがある。
詩が書けないわけではないが、「他者へ向けての詩を書く」という行為自体が、自分にはおこがましいと思えてならない。ましてや、それでお金をいただくなんて、とんでもない。

私は、あくまで書道家だ。そこは、変わらない。それ以上でもそれ以下でもない。
スピリチュアルな要素や能力を一切持っていない、というワケではないけれど、さすがに個人個人へ向けての適当な言葉や詩が、即時天から降りてくることなどない。

あなたの瞳を見たとしても、特に高尚な言葉が浮かんでくるわけでもないし、5分やそこら話したぐらいで、簡単に他者を理解したつもりにもなりたくない。それに、インスピレーションは、自分自身の作品制作に使うので精一杯だったりもする。

だからこそ、「好きな言葉」なのだ。

それ自体には、全くなにも問題ない。だって、「好きな言葉」なのだから。
そう考えたら、あとは私の実力次第ということになる。いかに、依頼主に満足してもらえるような書作品が書けるか、その一点のみである。書風や書体、その言葉の意味が持つ雰囲気や依頼主の意志主張を、一つの作品に込めるのだ。

路上だからできる、最高の修行の場でもあると思う。
今後も井の頭公園に出店し続け、自分の実力を磨くことをしたいと思う。



スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

貴重なお時間の中、最後までご覧いただきまして ありがとうございました。

↑ より多くの人たちへ この記事が届くように クリックにて応援お願い致します。

RSS配信 ← こちらからご覧いただけます。

この記事へのコメント

この前、水泳部の部室に飾る色紙を書いてもらった男子です。

部室に飾っていて、ほんと
みんなに喜んでもらえました!!

ほんとにほんとにありがとうございました。

Tシャツとかにも使いたいですけど、
いいですか?
水泳部さんへ
コメントありがとうございました。^^

その節は、楽しい時間をありがとう。
他の部員の方々にも気に入ってもらえてよかったです。
本当は、お二人の写った写真も載せようかな?とも思ったのですが、勝手に顔が写っている写真を載せるのは悪いと思って、遠慮しました。・・・載せたほうが良かったかな?^^

私としては、Tシャツにするのなら、「もっと時間をかけて、ちゃんと書きたい!」と思ってしまうのが本音ですが・・・・・・
水泳部の皆さんが、あの色紙の字(一発書きの字)で、良いと言うのであれば、どうぞ好きに使ってください。^^v

追伸
Tシャツできたら、見せてください。^^
それか、Tシャツ見るついでに練習の見学なんかさせてもらえたら、楽しいかも。^^
考えておいてくださいませ。。。
そしたら、
連絡先とか交換できますか?

なんか、お問い合わせフォームみたいなところに連絡先載せて連絡すればいいですか?

練習来てください!!

あとTシャツ絶対つくります!!

なんか、あのあとあいさつに行ったんですけど、やっぱりいなくて、なんか、また会いたいです笑

水泳部さんへ

> お問い合わせフォームみたいなところに連絡先載せて連絡すればいいですか?

それでお願いします!
メールフォーム入れてくれたアドレスへ返信致します。
詳しくは、またその時にでも。
宜しくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント



洞爺湖夕幻 トボトボ歩く図

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。