無添加書道 / 書道家 遠藤夕幻 ~ mutenkashodo ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

貴重なお時間の中、最後までご覧いただきまして ありがとうございました。

↑ より多くの人たちへ この記事が届くように クリックにて応援お願い致します。

RSS配信 ← こちらからご覧いただけます。

掛軸展 ~祝賀会~

洛陽中国書法水墨画院展 祝賀会1

大盛況の「洛陽中国書法水墨画院 掛軸展 ~心模様を墨に託して~」の記念すべき、祝賀会に出席させていただきました。

  洛陽中国書法水墨画院展 祝賀会2

多くの心温かい生徒さんに囲まれて、花束を受け取る嵐酔先生。
自然と拍手が巻き起こり、とても良い雰囲気でした。

会員の方々や来賓の皆様も、お食事をされたり、交流を広めたり、とても有意義な時間を過ごされていたと思います。

そして、私にも重要なお役目がやって参りました。

洛陽中国書法水墨画院展 祝賀会3

会場には、100人近くの出席者がいらっしゃり、その目の前での揮毫会を披露致しました。

私は、このように人前で書くことに対して、「緊張」という二文字はあまり感じず、むしろ「楽しい」と思ってしまうので、今回のお役目も快く引き受けさせていただきました。

洛陽中国書法水墨画院展 祝賀会4

揮毫させていただきましたのは、「杜甫」の「絶句」という漢詩です。

【本文】
江碧鳥逾白
山青花欲然
今春看又過
何日是帰年

【読み】
江(こう)碧(みどり)にして鳥(とり)逾々(いよいよ)白(しろ)く
山(やま)青(あお)くして花(はな)然(も)えんと欲(ほっ)す
今春(こんしゅん)看々(みすみす)又(また)過(す)ぐ
何(いず)れの日(ひ)か是(こ)れ帰年(きねん)ならん

【口語訳】
川の水は青々と(そこに遊ぶ)鳥はますます白く、
山は緑に覆われ、花は燃えだそうとするように真っ赤である。
今年の春もみるみる過ぎ去ろうとしている。
いったい、いつになったら故郷に帰る日がくるのだろうか・・・。

(註: 然=燃)

という、非常に有名な漢詩であります。

洛陽中国書法水墨画院展 祝賀会5

会員の方々や来賓の皆様の視線を感じながら、楽しく書かせていただきました。
持ち時間は7分でしたが、十分に余裕もあり、落款を押して完成できました。

洛陽中国書法水墨画院展 祝賀会6

また、書道の揮毫会の後は、嵐酔先生をはじめとする役員の方々の水墨画の揮毫会でした。
こちらの時間は、13分。

さて、いったいどのような絵が仕上がるのでしょうか。。。

洛陽中国書法水墨画院展 祝賀会7

ご覧の方々は、目の前で繰り広げられている、水墨画の技法や運筆法に目を凝らし、固唾をのんで見学されておりました。

洛陽中国書法水墨画院展 祝賀会8

たった13分で、このような素晴らしい水墨画が仕上がりました。
お見事!としか言いようのない、速筆と確かな技法。

さすが、嵐酔先生です。

そして、このような揮毫会のあとには、様々な催し物があり、会場は大変盛り上がっておりました。

また来年も盛大な院展と祝賀会が開かれるように、私もできる限りの協力をしたいと思っております。このたびは、素晴らしい掛軸展おめでとうございました!そして、なにより、お疲れ様でした。




スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

貴重なお時間の中、最後までご覧いただきまして ありがとうございました。

↑ より多くの人たちへ この記事が届くように クリックにて応援お願い致します。

RSS配信 ← こちらからご覧いただけます。

この記事へのコメント

お世話になりました。
先生 すばらしい祝賀会 展覧会いろいろありがとうございました
おかげさまでした。
これからもまたともによろしくお願い申し上げます

アップありがとうございました

コメントの投稿

非公開コメント



洞爺湖夕幻 トボトボ歩く図

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。